スマホ電池を長く持たせる

スマホの電池を長持ちさせるには

No Comments

スマホを持っているみなさんの中には、電池の減りが早くてお困りの方も多くいらっしゃると思います。何を隠そう私もその中の一人です。外出中にスマホの電池が切れてしまい、電話やメールが出来なくなったことは一度二度ではありません。そこで、少しでも長持ちさせる方法を挙げていきたいと思います。一つ目は、圏外にいる場合はセルフモードにすることです。圏外にいると、端末側で基地局を探し続け電池を消耗します。セルフモードにすることにより、端末側で電波の発受信を強制的に停止することができます。二つ目は、複数のアプリを起動したままにしないということです。私も良くやるのですが、気がつかないうちにアプリが何個も起動したままになっていると、それだけバッテリーの消耗が激しくなりますので、使わないアプリはこまめに終了させることが大事です。また、バッテリーの消耗の激しいアプリを知ることができるアプリもありますので、活用すると良いかと思います。三つ目は、無線LANを常にオンにしないことです。無線LANをオンにしていると、端末側でアクセスポイントを探し続けますので、バッテリーの消耗が激しくなります。無線LANを使うのは限られた場所であることが多いですので、その時だけオンにすれば良いのです。四つ目は、bluetooth設定を見直すことです。主に無線マイクやイヤホンに使用されていますが、音楽やゲームをイヤホンで聞く場合、イヤホンマイクでハンズフリー通話をする場合などを除き、設定をオフにすれば電波の発信を抑えられますのでバッテリーの節約になります。

スマホは電池抜きには語れない

No Comments

スマホは非常に便利な携帯用パーソナルコンピューターです。従って、何処でも何時でも誰でも、通信環境され整えば、ネットに繋がり、自由にメール交信やウェブ検索が可能です。お気に入りの映画や音楽も簡単にダウンロード出来て、夢の携帯通信機器と言っても過言ではありません。しかしながら、その高機能故に、必要な電気エネルギーを必要します。通常、スマホはリチームイオンと呼ばれる高性能の電池を内蔵しています。しかしながら、電池に蓄えられる電気の量には自ずと限界があり、丸一日使えた従来の携帯電話に比べると、短い時間しか使えないと言う欠点があります。それを防止するには、まず購入時に、保有容量の大きな機種を選ぶことが重要です。又、日常の使用方法としては、必要時のみにネットアクセスする等のデータ処理環境設定することで、通信費と併せた削減が可能です。更には予備の電池を持つことによって、二倍、三倍の使用が可能になり、便利です。大切な事は、従来の携帯電話に比べ、取り扱うデータ処理量が多い事と鮮明な液晶画面等で消費する電力が多い事を認識し、肝心な時に使えないというトラブルを起こさないように注意する事です。常日頃から、電源の残量に注意を払い、機会あることにコンセントから充電するという癖を付けておくべきです。最近は、この弱点にメーカー側も対処しており、より容量の大きな機種の開発を進めているので、余りにも充電頻度が高いようであれば、更新も視野に入れるのも一つの方法です。

ちょっとした工夫でスマホの電池を長持ちさせよう

No Comments

スマホにしたら電池の保ちが悪く、たいして使用していないのにいつの間にか残り20%を切っているという経験のある人は多いでしょう。ゲームをしていたり、音楽を聴いていたりしていたわけでもないのになぜこんなにも電池の減りが早いのかと疑問に思うなら、設定を変更してみることをおすすめします。まず、一番に使用量が大きいのがいつのまにか行われているメールチェックです。メールチェックの時間の間隔が短いと、その分通信に使用量がかかるためあっという間に残量が減ってしまいます。メールチェックの間隔を現在よりも延ばしてみると随分と減りの早さを実感することが出来ます。さらに、壁紙などにアニメーション効果を設定している場合はそれもオフにします。アニメーションは軽く作られていても、ずっと動いていればそれなりの影響があります。このほかにも、wi-fiやBluetoothを使用していない場合はオフにする、GPSも基本的にはオフにしておき必要に応じてオンにするなども設定しておくと効果的です。さらに、もっとも大きな影響がある画面の明るさを調整することを忘れずにおくと良いでしょう。明るさが最大に設定されていたら、電池の減りはもっとも早くなります。かと言って、あまり暗くしすぎていても目を悪くしますので、周辺環境に応じてこまめに設定を変える習慣をつけておきましょう。最近では、予備のバッテリーも安価で手に入るようになりましたので、念のために備えておくと安心です。